MESSAGE

対話と粘り強さで
エンジニアとして大きく成長を

萱沼 利彦

常務取締役
クラウド事業本部長 兼 キャリア推進本部長 兼 人材開発室長

次々に新技術が生まれ、ITエンジニアに求められる資質も変わってきています。
「好奇心」「協調性」「誠実さ」というのが当社社員に求めている能力特性ですが、それらに加えこれからはバイタリティを持ってミッションを遂行する忍耐力や、会話により、スムーズにプロジェクトチームに適応できるコミュニケーション能力が重要になります。
エンジニアにとってITスキルは必須です。しかしそれだけでシステム開発プロジェクトは成功しません。お客様やメンバーと会話を重ねることが、プロジェクトの成否に大きく関わってきます。

チーム内で自分に何が求められているのか。
仕事としてやるべきことは指示されますが、すべてを指示されるわけではありません。チームの中でどんな役割を果たすべきなのか、それはコミュニケーションの中から見えてきます。そしてたとえ困難な状況に陥ったとしても、バイタリティを持って課題に当たり、粘り強く対話することが解決の糸口を作ってくれます。

会社としてはエンジニアとしての基本を身につけ、経験を重ねてマネージャーとして活躍する人材が増えて欲しいと思っています。SEのSはセールスのSともいわれます。マネージャーにステップアップしていくには営業力を磨きましょう。人と積極的に会話することで状況を把握し、意欲的かつ能動的であることで必要な資質が育っていきます。会社は、そのために必要な技術を身につけるための確かなサポートをお約束します。
技術を学び、人と関わり合いながら成長すると、自分の目に映る世界はこれまでと違ったものとして見えてくるはずです。変化し続ける社会を生き抜き、また生き残り続けるためにも、ソルクシーズでぜひあなたの世界を大きく変えてください。

人材開発室長
萱沼利彦

Entry

困難な課題であってもエンジニアとしてプライドを持ち、仲間と協力しあい、誠実に挑み続けること。
ソルクシーズは前に進み続ける意志を持った、そんなあなたを待っています。