Interview

求められていることプラスワンを考えて動ける人材になりたい

S.I.

クラウド開発事業部

新卒・2021年入社

言語をつかってシステムを構築することに面白さを感じ、SEの仕事に興味をもつ。情報系出身でなくても活躍できる会社であると知ってソルクシーズに入社。4つのプロジェクトを経験したのち、現在はポータルサイトの環境移行プロジェクトで改修を担当する。

業務に近い環境で手を動かす研修があり
情報系出身ではなくても活躍できる

IT系の会社にしようと思った最大の理由は、需要が多いということ以上に、興味があったからです。大学では建築の仕事をしていたのですが、SEはものをつくる仕事であるというところに共通点があるように感じました。

数あるIT企業のなかでソルクシーズを選んだのは、人事の人が穏やかで、お話をしたときの感触がとてもよく、リラックスして話ができたから。また研修制度がしっかりと設けられていて、情報系出身者以外も活躍している会社だと知ったことも大きな理由の一つです。

実際に入社して研修を受けてみると、やはりそのイメージは間違っていませんでした。研修では最初に座学でJavaの言語の構造を勉強したあと、同期が5人ずつのグループに分けられ、実際の業務に近い状況で意見交換をしながらシステムをつくります。それまでまったくITに触れてこなかった文系の同期たちも、この3カ月の研修を経て、十分な準備が整った状態で現場に出ていくことができていました。

知らないことに対処するスキルを
身につけるのがレベルアップの秘訣

プロジェクトにアサインされ、設計から開発・テスト・改修まで、要件定義以外のSE業務を一通り経験することができました。

途中プロジェクトのない期間もあったものの、何もしていなかったわけではなく、研修では学ばなかった技術を自主学習して過ごしました。プロジェクトがないときでも、きちんと学びながら成長できる時間が設けられていることには安心できました。

現在アサインされているのは、あるポータルサイトのサーバーを、従来のオンプレミスからAWSへ環境移行するプロジェクト。要件通りにソースを改修して、テストするところまでが担当です。

どのプロジェクトでもそうですが、最初は技術面で知らないことが多く、勉強が必要なことだらけ。ただ勉強といっても業務以外で時間を取るということはなく、業務内で時間を取ってみんなで調査を進めています。とくに現在携わっているAWSに関しては、私だけでなく上司にとっても初めて扱う技術だそうで、それを聞いたときは「経験豊富な上司でも知らないことがあるんだな」ととても意外でした。そんな上司を見ていてわかったのは、新たに知らないことが出てきたときでも、正しい対処方法を知っていればすぐに対応できるということ。技術の知識以上に、知らないことを調査するスキルを身につけるのがレベルアップの秘訣だと学びました。

先輩や上司の仕事ぶりに学ぶことはほかにもたくさんあります。たとえば協力会社の方とのやり取りでは、相手から聞かれる前に役立ちそうな情報を先回りして付け加えている姿を見て、仕事ができる人は要求プラスワンをつねに考えて動くのだなと感銘を受けました。

業務のなかでとくにやりがいを感じるのは、自分が作業の中心となって仕事を進めていけることです。直属の上司はもちろん見守ってくれてはいるのですが、手取り足取りすべてを指示するわけではありません。私自身も会議に参加して依頼者と会話しながら、自分でソースを改修していくこともあります。その改修した内容のレビューを別チームの方から受ける機会もあり、そうした部分を任せてもらえることがやる気につながっています。

質問しやすい空気感のおかげで
わからないことも安心して相談できる

ソルクシーズで働いていて思うのが「上の人が下の人を見る」という環境が、すごくしっかりと構築されているということです。入社1年目は研修が終わったあとOJT研修という形で、直属の上司に仕事を見てもらえますし、1カ月に1回はフィードバックの場も設けられていて不安なことを相談できます。またそれとは別に上半期と下半期ごとに目標管理面談の機会もあり、上司と話をする場が仕組みとして用意されています。

会社全体としても質問しやすい空気感があって、入社してから現在まで何かを聞きにくいなと感じたことはありません。上司は、自分の仕事が忙しそうなときでも、いつも誠意をもって答えてくれました。今でもわからないことは抱え込まず、細かいことでも質問するように心がけています。

だからということではないのですが、私も一緒に仕事をする後輩が仕事につまずいて困ることのないようサポートしてあげられる先輩になりたいです。たとえば聞きやすい雰囲気をつくったり、相手の目線に立って「多分こういうことに悩んでるんじゃないかな」ということを、プラスワンで考えてこちらから質問をしてみたり、後輩ができたときにはそういう接し方ができたらいいなと思っています。

情報系出身ではない就活生の方は、技術面で不安を感じていてIT業界を選ぶべきか迷っているかもしれません。でも技術は後からついてくるもの。配属先の上司も先輩も、新人にはまだ技術や知識がないということはちゃんとわかっているので不安がらなくても大丈夫です。もし機会があれば、実際にソルクシーズで働いている人の話を聞いてみていただければと思います。

My Week

Monday

この日は在宅勤務。設計書をもとにソース改修を進める。

Tuesday

品川のお客様オフィスに出社。ソースの修正について上司や有識者に見ていただき、指摘をもらう。

Wednesday

在宅勤務。単体テストの仕様書を確認し、テストを開始する。

Thursday

在宅勤務。単体テスト仕様書を作成した人と連携を取りながら、引き続き単体テストを消化する。

Friday

在宅勤務。単体テストが完了したので、結合テストの準備を行う。会議にもオンラインで出席する。

Saturday

ショッピングやドライブなど。土曜日は1日出かけてアクティブに過ごす。

Sunday

朝はゆっくり寝て体を休め、外出も近所を中心に。月曜日からの仕事に備えて休息の一日にすることが多い。

Entry

困難な課題であってもエンジニアとしてプライドを持ち、仲間と協力しあい、誠実に挑み続けること。
ソルクシーズは前に進み続ける意志を持った、そんなあなたを待っています。