SOLXYZ 株式会社ソルクシーズ

2012年04月24日 (火)

『「日本大災害の教訓」中国版出版記念 並びに 日本3.11大地震の教訓及び震災後の日中交流と協力に関するシンポジウム』に参加

 2012年4月3日に北京大学国際関係学院アジア経済と文化研究中心主催によって北京大学で行われた、 『「日本大災害の教訓」中国版出版記念 並びに 日本3.11大地震の教訓及び震災後の日中交流と 協力に関するシンポジウム』において、ソルクシーズ事業支援部の風間一男が、 「IT関連の被災実態とIT危機管理対策」と題し、講演を行いました。 このシンポジウムは、2011年3月11日に発生した東日本大震災における数々の経験、教訓を基に、 慶応義塾大学教授の竹中平蔵氏及び元朝日新聞の船橋洋一氏が中心となり、 震災の事実や対応策を分析した各領域の専門家と研究者を集め、防災危機管理各面を記した書籍:「日本大災害の教訓」の中国語版の出版を受けて、北京大学国際関係学院アジア経済文化研究所理事長である李玉先生の発起によって、中国側における今後の防災危機管理を強化する上で、中日両国産学官の防災関係者による講演が行われたものです。

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
戻る
トップに戻る