Investor Relations経営からのメッセージ

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 依然として新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっている中、世界経済は回復の兆しを見せつつもダメージを残しております。我が国においても波状的に感染者が増大し、緊急事態宣言の発出とそれに伴う外出自粛や営業自粛等が行われた結果、国内経済は深刻な影響を受けております。現在までにいくつかのワクチンの供給が進み、徐々に投与が開始されつつありますが、未だ予断を許さない状況が続いています。
 一方で、国内IT投資については、デジタルトランスフォーメーション関連を中心に概ね堅調に推移しましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により業種的な跛行性が強く出ました。
 この様な中、当社は、長期的な企業価値の向上に向けた戦略施策の推進に努め、多くの成果を挙げることが出来ました。
 先ず、サブスクリプション型の個別クレジット債権管理クラウドサービス「杯王 on Cloud」をリリースしました。このサービスにより、低価格・短納期が可能となりスピーディーに個別クレジット事業を立ち上げたい中小規模の企業様のご期待に添える事が可能となりました。
 次に、新型コロナウイルス感染症の拡大や、デジタルトランスフォーメーションの推進を背景に、㈱ノイマンが、ライブ配信及び録画配信の両方式で受講可能となるオンライン学科教習ツール「N-LINE」を自社開発し、提供を開始しました。このサービスを利用することにより、受講生は自宅など教習所以外の場所でも、学科教習を受講する事が可能となります。
 また、2015年より当社がスポンサーしている組込人材育成プログラム「IoTイノベーションチャレンジ」が、デジタルトランスフォーメーションの拡大を受けて「DXイノベーションチャレンジ」と衣替えを行い、当社は今年度もプラチナスポンサーとして参画し、当社グループからも複数チームが参加するなどDX推進人材の育成をしています。
 最後に、国連が推進しているSDGsに賛同し、当社もSDGsを経営に取り入れる事とし、達成に向けた重点取り組み目標として「目標4:IT人材の育成」・「目標9:イノベーションで貢献」を設定しました。目標に向けた活動を通して企業価値を向上させ、持続可能な社会の実現に寄与していきたいと考えています。
 当社は、SIビジネスとストック型ビジネスの両輪でお客様のビジネスを支援しています。SIビジネスではシステム企画、設計、開発、運用からインフラ構築まで、お客様のシステム構築・運用をワンストップでご支援可能な体制を当社グループ全体で構築しています。更にストック型ビジネスとして、クラウドをはじめとする各種サービス・ソリューションを提供し、デジタルトランスフォーメーションへの対応など、お客様の様々なご要望に直接お応え出来るサービス体制を整えております。
 当社では、今後も、これら既存のビジネスに加え、当社グループ全体で取り組んでいる「FinTech」、「Cloud」、「IoT」、「AI」、「CASE」などのデジタルトランスフォーメーション関連技術を活かして積極的にビジネスを推進し、グループの総力を挙げて企業価値向上に努めてまいります。
皆様には引き続き、ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

ソルクシーズグループ
株式会社ソルクシーズ 代表取締役社長 長尾章
    
ページトップ