SOLXYZ 株式会社ソルクシーズ

ディスクロージャーポリシー

情報開示の方法

1.当社は、金融商品取引法(以下、「金商法」という。)等の諸法令、ならびに東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」という。)に従って、情報開示を行います。
また、当社は、開示義務のない情報であっても、投資家の方にとって重要あるいは有益と判断した情報につきましては、積極的に情報開示していく方針であります。

2.当社は、投資家の方に対して公平かつ適切に情報を開示するため、金商法に定める投資判断に重要な影響を及ぼす情報(以下、「重要情報」という。)について、一部の投資家の方のみに選択的開示がなされることのないよう、情報管理を徹底します。未公表の重要情報について、意図しない情報開示が一部の投資家等の方に行われた場合にも、速やかに情報開示を行います。

情報開示の方法

当社は、金商法等の諸法令および適時開示規則に従い、金融庁の「EDINET(金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)」または東京証券取引所の「TDnet(適時開示情報伝達システム)」により情報開示を行います。 また、当社は、投資家の方にとって重要あるいは有益と判断した情報につきましては、当社ホームページへの掲載により情報開示を行います。当該情報がEDINETまたはTDnetによる情報開示の対象の場合は、EDINETまたはTDnetでの情報公開後、速やかに開示した情報と同一の情報を当社ホームページに掲載いたします。 また、必要に応じ、東京証券取引所内記者クラブの「兜倶楽部」を通じた報道機関への公表を行います。

免責事項

当社が当社ホームページにより提供している情報に関しては、万全を期しておりますが、それらの情報の正確性、完全性、有用性を保証するものではありません。また、ホームページのいかなる情報も、当社株式の購入や売却などを勧誘するものではありません。また、情報の利用につきましては、利用者の判断によって行ってください。なお、情報利用の結果生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。

沈黙期間

当社では、決算発表準備期間中に株価に影響のある情報の漏洩を防止するために、決算日(四半期決算を含む)から決算発表日までを「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。但し、「沈黙期間」中に予想と大きく変わる場合には、適宜、情報開示を行うこととしております。

宣誓書

当社は、平成18年6月13日にJASDAQ証券取引所(現 東京証券取引所)宛てに、「投資者への会社情報の適時適切な提供について真摯な姿勢で臨む」旨の適時開示に係る宣誓書を提出しております。

以上

トップに戻る